マインドフルネスの力とは?

マインドフルネスの力とは?

癒しや集中力アップなどに積極的に取り組んでいる人のなかには、流行中のマインドフルネスが気になっている人も多いでしょう。マインドフルネスを実践すると、毎日の生活がより充実したものになる可能性があります。

マインドフルネス速読の肝であるマインドフルネスについてさらに詳しく調べていきましょう。

マインドフルネス速読の公式HPへ

マインドフルネスとは?

人間関係の悩み、過去の後悔、将来への不安、仕事のマルチタスクなどといった雑念が頭から離れず、無意識のうちにストレスを蓄積してしまうという人も少なくないはずです。特にコロナ禍のこの時期は、閉塞感や孤独感も伴って、精神的ストレスを感じる人も増えています。

疲れの原因は、脳の働き過ぎによるものと言われています。そんな脳を休ませるのがマインドフルネスです。

マインドフルネスをひと言でいうと、今、自分が行っていることに対して意識を集中させ、心を穏やかに保つ状態のことです。

ベースは仏教の瞑想法で、アメリカのマサチューセッツ大学医学校名誉教授のジョン・カバット・ジン博士が、ストレス軽減の効果を科学的に実証し、西洋医学として体系化を行い、世界中にマインドフルネスという言葉が広まりました。

グーグル、ヤフー、フェイスブックなどのグローバル企業が社内研修で取り入れ、イチロー・本田圭佑などのアスリートの多くも実践しています。具体的には、どんな効果があるのでしょうか?

h3:集中力が上がる

マインドフルネスな状態を作ることで、物事への集中力が増すという効果を得られます。

現代社会では、何かと情報・マルチタスクに追われる場面が多いです。

ハーバード大学はとある企業の管理職を対象にして、マインドフルネスを実践する前と後で作業効率がどれほど変わるかの調査を行った結果、マインドフルネスが十分に行われた対象者は、不十分だった対象者と比べてスピード・集中力・記憶力などの面で優位性が確認されています。

考え事が止まらなくなって上の空になったり、仕事に追われてパニックになったりするのを制御し、必要なとき・必要なことに集中できるようになります。うまく集中できれば勉強や仕事の効率を上げ、自身のスキルアップにもつながるかも知れません。

h3:ストレス軽減

過度なストレスを受けると、ホルモンバランスの乱れ・うつなど心身の不調を生じます。というのも、脳内で分泌されるべき幸福ホルモンであるセロトニンが不足してしまうからです。

マインドフルネスな状態には、脳内のセロトニン分泌量を増やし、ストレスによる心身の不調を軽減する効果もあります。

今現在の環境に集中することにより、過去の後悔や未来への不安、日ごろのイライラから一時的にでも解放されるため、精神的に安定する点も大きな魅力です。感情の流れに左右されずやり過ごすコツもつかめますね。

h3:脳の回転力が上がる

マインドフルネスな状態を作ることで、判断力・記憶力の底上げをする効果が見込めます。人生を左右する選択に判断力は必須ですし、勉学を捗らせるためには記憶力も不可欠です。

雑念の多い脳内には、ストレスホルモンである「コルチゾール」が過剰分泌され、判断力・記憶力の中枢となる海馬のはたらきを弱めてしまいます。

このような悪循環を阻止するためにマインドフルネスな状態を作り、判断力・記憶力の底上げ効果を狙うべきだといえます。

それだけではなく思考がクリアになり、余計な不安や考え事に悩まされることがなくなると、目の前の問題にフラットな視点で向き合えるようになります。

従来はさまざまな考えに邪魔されて出てこなかったような、新たな発想が生まれやすくなるというメリットも期待できます。さらに物事をありのまま受け入れることで、洞察力や直感力が高まる場合もあり、それらすべての要素が影響して想像力の向上にもつながるでしょう。

昨今の日本は、労働人口の減少や働き方改革などで、ビジネスを取り巻く環境が著しい変化を迎えています。

従来の意識で何となく業務をこなしているだけでは、変化を生き残れない可能性もあります。マインドフルネスによって既存の考えにとらわれない創造力を培うことは、企業が将来的に飛躍するためにも欠かせないものです。

マインドフルネスの効果のまとめ

いかがでしたでしょうか?ストレスとうまく付き合ったり、集中力や創造力を高めたりするのに役立つ「マインドフルネス」は、ビジネスパーソンにも大いに役立つ要素を秘めています。

瞑想と聞くとハードルが高く感じがちですが、宗教的なものではなく、呼吸とともに意識を整えていくことが基本のマインドフル瞑想であれば気軽に挑戦しやすいです。自身の体調管理だったりリラックスの手段、スイッチのいれ方ですね。

僧侶のようにストイックにやらなくても効果が期待でき、手軽に出来ますので、日常生活に取り入れながら試してみてはいかがでしょうか。人生をよりよくする手段としてです。

マインドフルネス速読の公式HPへ TOPページを見る